当ガーデンホテル喜多方は、太陽光発電や木製ペレットによる
自然エネルギーを使用した環境にやさしいホテルです。

地元で作られた電力

再生可能エネルギーの比率が高い電力を使用しております。
この電力は、電力小売会社を通じ、地元「会津電力株式会社」の「雄国太陽光発電所」(喜多方市内)で作られた電気を使用しております。

会津電力株式会社ホームページ

木質ペレットボイラーでCo2削減

ガーデンホテル喜多方のボイラーを入れ替えました。LPガスボイラーに代わる木質ペレットボイラーを導入し、二酸化炭素排出量を削減。
館内レストランでは、ペレットストーブにより暖かさと安らぎをご提供しております。

木質ペレットとは

木質ペレットの原料は、山林に育成過程で生まれる間伐材や、製材所などで出るおが屑、端材など再利用可能な材木です。
これらの木製材料を、加工・圧縮して木質ペレットとなります。 

間伐材を利用することにより、山林の維持することが出来ます。
また、木質ペレットを燃やした際に出る二酸化炭素は、木が成長するときに吸収した二酸化炭素分となります。大気中の二酸化炭素の増加をさせることはありません。
木質ペレットを燃やしたときに残る灰は、田畑の栄養として自然に返すことも出来ます。
この考え方を、カーボンニュートラルといいます。